「What does it mean ?(それはどういう意味ですか?)」で分からないことはきちんと質問をして理解する

英語で会話をする時に、相手の話している言葉を理解するためには、ボキャブラリーを多く知っておく必要があります。

しかし、英会話初心者の場合は知っているボキャブラリーも少ないために、知らない単語が分からず、相手の言っていることが理解できないこともあります。

また、相手の言葉が早すぎたり、ハッキリと聞こえなかったりする場合もあります。

英語は国や地域によって、発音や単語、イディオムなどが変わることもあります。

そのような時にも、このフレーズを使うことで、相手はもう一度、話をしてくれるでしょう。

特に重要と思われる単語を知る時には、itの部分にその単語を入れれば、よりピンポイントで質問をすることができます。

 

私は長年、英会話学校で英語を習っていました。

その時の会話では分からない単語も多く、しょっちゅう、このフレーズを使っていました。

相手が何を言っているか分からないのに、分かったふりをして、yesといってしまうと、そこで問題が起きてしまう場合もあります。

分からないと思った時は素直に質問をしたほうが、相手への印象も良くなるでしょう。

しかし、何度もこのフレーズばかりを使っていると、会話が成り立たなくなってしまいます。

やはり、会話を続けていくためには、ある程度のボキャブラリーやフレーズを覚えていくことが必要です。

現在は英語が分からない時に利用できる様々なツールがあるので、それらを利用するのも良い方法です。

「What does it mean ?」の他に、「What do you mean ?」というフレーズもあります。

こちらの方は何か分からない物や単語を聞くのではなく、相手の意図あいていること、すなわち感情的なことや気持ちなどを聞く場合に使われます。

同じフレーズによっても、話す相手の感情によって、言葉の意味が変わってきます。

なので、特に「What do you mean ?」のフレーズの使い方には十分に注意したいものです。

英会話初心者の場合はどうしても、相手の言っている言葉を1回で理解できないことが多いと思います。

なので、こうしたフレーズをいくつか知っておくことで、自分が分からないことを説明してもらったり、もう一度言ってもらうことができるようになります。

相手の言っていることをきちんと理解していくことは、英語で会話をするためにも必要なことですし、それが英会話上達にも繋がります。

なので、恥ずかしがらずに分からないところがあれば、相手に質問をするように心がけたいものです。

この時、相手に不快な思いをさせないためにも、口先の言葉だけではなく、心のこもった会話を心がけたいものです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる